2007年 02月 25日 ( 1 )

リボルバー

松本大洋原作リボルバー -青い春ー


3人(オサム、コージ、タツトシ)の描く青春ストーリー映画だ。


ある日3人は本物ピストルみつけ3人のだらだらした高校生生活が変化していく。


新宿に行き弾を買い何かスゲエことをしようとする彼らだが、


結局は弾は買えず・・・


何も変化、スゲエことはできていない・・・


夜の中そうそううまくはことは進まない・・・


早く大人になりたいような、なりたくないような…


このままでいたいのに、先のことを考えなくちゃいけない…


自分のことが何にもわからないのに…


先に進みたくないのに、周りから無理やり背中を押されるような感じ…


何かに目標を持ち努力しないと・・・





そんなことを俺に向けて訴えかけられた気がする映画だった。

まだ、社会に出ない俺は揺り篭に揺られる赤ん坊のようで、

ハイハイの仕方、一歩目を出せない感じなのかなぁ~



でも、俺は一歩を踏み出したい!

まずは、卒論発表!

目先のことだが着実に一歩一歩進んで、何かを見つける。




そして、トルコに行きたい!


経験値をUPさせたい!

↑夏くらいにいきてぇ~な!

そんなことを最近考える俺であります・・・
[PR]
by tottoko_tomoki | 2007-02-25 02:52 | 普通の日